Evernote 、エバーノートの使い方、ダウンロードなどの詳細

インターネット

【エバーノート(Evernote)とは】

 

Evernoteは、文書・画像・音声などのファイルをまとめて管理することができるクラウドサービスです。

自分のパソコンやスマホで管理するのではないので重くなるとかの心配がないのです。保存したドキュメントはメモとして個人で使用するか、またSNSサービスと連携して他の人と共有することもできます。

エバーノート(Evernote)プラン

 

Evernote ベーシック 無料
プラス JPY3,100 / 年
プレミアム JPY5,200 / 年
Evernote Business JPY1,100 / ユーザ / 月

 

 

無料のベーシックプランでも十分メモの管理や共有も可能です。

容量が60MB、2台の端末で同期が限界です。

 

プレミアムプランは10GB容量。

ノートをオフラインでも利用できるなど多くの機能が使えるようになります。

年間5,000円程度で使い方によっては、会社やチームの生産性が上がるので、有料のプランも選択肢のひとつです。

 

 

 

 

【エバーノート(Evernote)の使い方】
パソコン:

 

①以下のリンクにアクセスします。

最高のメモアプリ - Evernote で大切なノートを整理
Evernote ではアイデア、プロジェクト、ToDo などを記録したり、忘れないように優先順位を付けたりすることが可能です。無料トライアルを是非お試しください!

メールアドレスとパスワードを設定し、

「無料で新規登録」をクリックします。

 

新規登録を行ったURLからログインすることでPC(Web版)の管理画面に入ります。

 

ノートの作成

新しくノートを作成する場合はメニューから「新規ノート」を選択します。

ノートの作成画面が表示されます。

 

ノートの題名を入力します。

すると、編集メニューが上部に表示されます。

「ここにファイルをドラッグ〜」の部分をクリックすると文章を入力することができます。

 

 

また、スキャンしたPDF資料、PCにある写真などをドラッグ&ドロップで持ってくることもできます。

編集が終わったら「完了」をクリックして保存します。

 

簡単ですね。

 

エバーノート(Evernote)使い方についてのHelpページがあります。

こちらでチエック

 

 

自分のメモ、記憶、情報管理、スケジュール、タスク管理にエバーノートの使い方

 

例えばタスク管理

使い方の詳細はこちら

タスク管理はデジタルで!がおすすめな 3 つの理由
みなさんは仕事やプライベートのタスク管理をどのように行なっていますか?手帳やノートに書き込んだり、付箋を使ったり、あるいは裏紙を再利用しているという方もいるかもしれません。デジタルツールでタスク管理を行うと、こんなメリットがあります。

 

チエックリストの使い方

チェックリストを使う
チェックリストは「やるべきこと」を管理するのに、とても便利な方法です。Evernote に作っておけば、デスクトップでも、スマートフォンでも、いつでも使えるので便利です。仕事の ToDo はもちろん、パーソナルな事柄もチェックリストにして、状況をいつでもどこからでも一覧できるようにしておきましょう。

 

旅の計画を立てる

例えば私は旅がすきです。

そうしてこんなブログを見つけると

クリップします。

 

 

憧れで終わらせない!一生に一度の旅を計画する方法

パリのカフェのテラス席で本場のエクレアを食べる。オーロラを自分の目で見る。アフリカで野生動物の写真を撮るーー。遠い土地への旅や冒険に憧れる人は少なくないでしょう。2018 年こそ、一生に一度の旅を実現してみませんか?

十分な下調べと計画さえできれば、憧れの旅を実現するのはそう難しくありません。必要な情報をすべて Evernote に保存しておけば、旅先でラップトップやスマートフォンから手軽に確認できるので、旅は一層スムーズなものになります。

今回は、旅の達人たちに Evernote をどう使っているか尋ねてみました。旅行前、旅行中、そして旅行後の活用方法をご紹介します。

 

マドリード在住の David Lengen 氏と Bas Ellen 氏は、MrHudsonExplores.com というトラベルブログを運営し、リゾート旅行やパッケージ旅行といった一般的な旅とは一味違う旅を紹介しています。二人は、文字どおり「一生に一度」しか訪れることのない場所で最高の経験ができるよう、旅行の前に十分な計画を立てています。

「私たちは、旅の計画をインスピレーション、計画と予約、旅行中、旅行後の 4 つの段階に分けて考えています。」と Legen 氏。

一生に一度の旅: インスピレーション
Ellen 氏によると、インスピレーションの段階はブレインストーミングと Web クリッパーによる情報収集から始めるそうです。「夢には自分の価値観や大切に感じているものが反映されます。すでにビジョンがある方はそれに基づいて計画を立てればよいでしょう。」両氏はそれぞれ見つけた好みの画像をインスピレーション用の共有ノートブックに保存し、そこから次の目的地を話し合って決定するそうです。

「夢には自分の価値観や大切に感じているものが反映されます」— BAS ELLEN 氏

「旅行会社や観光産業のマーケティングに惑わされないでください」と Lengen 氏は言います。「Instagram やトラベルブログ、信頼できる雑誌などを参考にしましょう。目的地が絞れたら、そこに行ったことのある人たちの話を聞いてみます。」この段階に入ったら、現地で見たいものや行きたいレストラン、宿泊先などもリサーチします。「たとえば、どうしても行きたいミシュランの星付きレストランがあるのであれば、かなり前に予約する必要があるでしょう。」

使いこなしのヒント: Evernote Web クリッパーでは、クリップするたびに新しいノートが作成されます。インスピレーション用のクリップをすべて 1 カ所にまとめておくため、専用のノートブックを作成しましょう。

また、旅の予算についてもリサーチは重要です。「自分にとって最適な時期に行くことができれば、旅は一層充実します」と語るのは Ellen 氏。以下は Ellen 氏の予算に関するヒントです。

目的地が決まっていない場合は、予算に見合う場所をリサーチする。
「ショルダーシーズン」と呼ばれる、繁忙期でも閑散期でもない時期に狙いを定める。ハイシーズン料金や混雑を避けることができます。
Hopper などのアプリで航空券価格の傾向を把握し、料金が安い時に購入する。
複数の航空会社の片道航空券を利用することを検討する。往復航空券よりも安くなる場合が多々あります。

計画と予約

憧れの旅の目的地が決まったら、細かいあれこれを計画しています。Ellen 氏は本当に細かいところまで計画するそうです。「想定外のことにびっくりさせられるのが好きではないので、綿密に計画を立てます。」

計画段階では、メール、レシート、地図、予約確認番号などさまざまな情報が発生します。これらの情報をわかりやすくまとめておきましょう。現地で必要な情報がすぐに見つからないと、せっかく計画した旅の快適さが損なわれることになりかねません。

Evernote コミュニティのイベントを主催するために世界中を旅している Josh Zerkel は、旅行中の Evernote の活用方法を以下のように提案しています。旅慣れた人でも忘れがちなヒントもあるので是非参考にしてください。

「スマートフォンに Google マップをダウンロードしてオフラインで使用できることを知っていますか?この機能は Wi-Fi が使えなかったり高かったりする地域を旅する際にとても便利です。また地図に貴重なモバイルデータを消費したくない場合にも使えますね。たとえばホテルからレストランまでといったように経路案内を検索して、そのリンクを旅行計画テンプレートのレストラン情報の隣に貼り付けておけば、現地でリンクをタップするだけで簡単に目的のレストランにたどり着くことができます。」

「インターネットに接続できない場所でもノートブックを見ることができれば、時間も費用も節約できます」— JOSH ZERKEL

ノートのリンクが活躍するのは地図に関してだけではありません。Josh が提案する以下のヒントを参考に、ストレスフリーな旅を楽しんでください。

  • 旅行に持って行くすべてのデバイス(ラップトップ、スマートフォン、タブレット)に Evernote をダウンロードしてインストールしておく。
  • 旅行に関する情報はすべて共有ノートブックに保存し、同行者と共有しておく。
  • 旅行用ノートブックにすぐにアクセスできるよう Evernote 内でショートカットを作成しておく。
  • パスポートなどの重要な書類を安全な Evernote にスキャンして保存しておく。原本を失くしてしまった場合や、スマートフォンやラップトップを紛失してしまった場合でも、任意のパソコンのウェブブラウザから Evernote アカウントにアクセスして情報を確認できます。
  • Evernote 転送用メールアドレスや Web クリッパーを使って、重要な確認メール、日程表、予約番号などを旅行用ノートブックに保存しておく。
  • 基本的な旅程を管理する。毎日どこへ行き何をするかを確認して、必要に応じて調整する。

そして最後にもっとも重要なのが、「出発前に旅行用ノートブックをオフラインで利用できるようにしておくこと」だと Josh は言います。「Evernote がオフラインでも利用できることを知らない人は意外に多いようです。インターネットに接続できない場所でもノートブックを見ることができれば、時間も費用も節約できますよ。」

旅行中

旅で経験したことを記録するなら、旅行中がベストです。忘れてしまう前に Evernote に書き込みましょう。テンプレートに記入したり、新しいノートを作成したり、思い思いに綴ってください。

  • ToDo リストにチェックボックスを追加して、完了したものにチェックを入れる。
  • 一緒に一度の旅に関する感想やブログ記事の草稿を書く。
  • 感じたことを記憶が鮮明なうちに記録する。
  • 後で共有したい写真を追加する。
  • 何か印刷する必要がある場合は、ホテルのビジネスセンターのパソコンを利用して、ブラウザから Evernote アカウントにアクセスする。
  • 旅行用ノートブックを家族や友人と共有する(毎日何をしているか伝えられますし、ちょっと自慢もできます)。

使いこなしのヒント: Josh は旅行でチェックマークがつけられなかった項目がある場合、これらの項目を新しいノートに移動することをおすすめしています。そこからまた新しい旅の計画が始められるからです。

旅行後

休暇が終わると、なんだかほろ苦い気持ちになるものです。しかし思い出をまとめるのも旅行の楽しみの一つです。思い出に浸ったり、友人と共有したりできるように、旅行用ノートブックからスクラップブックに作成しましょう。また、ノートを公開すれば、誰かの役に立つかもしれません。ノートを公開する際は個人情報を事前に削除するのを忘れないでください。

憧れで終わらせない!一生に一度の旅を計画する方法
いつかは行ってみたい憧れの地。今年こそ、その夢を実現しませんか?一生に一度の旅を充実させる Evernote の活用方法をご紹介します。

 

 

エバーノートの活用方法は工夫次第ですね。

 

 

家族や仕事チームでデーターを共有して使うエバーノートの使い方

 

<家族で写真などを共有する>

 

 

<仕事でチームの知識を蓄積する>

チーム内で共有する
せっかく保存された様々な記録、知識も、誰にも見られなければ活かされない宝の持ち腐れ?

必要な情報を、それを必要とする人たちと共有すともっとチーム力アップ。

チームの知識を蓄積する
非正規雇用が増加を続け「一生同じ会社で働くこと」が必ずしも普通ではなくなりつつある現代、会社の共有財産であるチームの知識をしっかり残すためにはどうしたらよいのでしょうか?

 

 

 

エバーノートの同期について

 

同期 – Evernote ヘルプ&参考情報

Evernote で同期処理はどのようにして行われますか?
海外にいる時はデータ利用を中止できますか?
オフラインの状態でノートにアクセスする方法
アップロード容量に関してよくある質問

 

 

エバーノート、アプリのダウンロード

 

スマホ:

 

 

Andoroido

Evernote-メモを取り、メモを書き込み。ノート、メモ帳、プランナーとして使用 - Google Play のアプリ
・Evernoteを活用すれば、システム手帳として役立ち、メモ帳で簡単にメモを取って整理したり、必要なメモや予定にいつでもアクセスでき、本当に重要なことに集中できます。 ・テキストメモ、手書きメモのスキャン、ToDoリスト、写真、画像、Webページ、サウンドファイルなどすべての情報をメモ帳や日記アプリとして日記などに記...

 

iPhone /iPad

‎Evernote
‎Evernote を使えば、いつでも簡単に必要な情報を取り出すことができるので、本当に大切なことに集中できます。テキストノート、スキャンした手書きメモ、ToDo リスト、写真、画像、Web ページ、音声ファイル・・・あらゆる情報が保存でき、瞬時に検索できます。また自分に合った方法で自由にノートを整理でき、必要に応じて...

 

 

エバーノート プラス、プレミアム、ビジネスの申し込みに、エバーノート教本購入に、楽天カードがおすすめ


 

 

エバーノート使い方参考書籍

 

 

 

 

 

 

<おすすめの本も紹介しています、よろしければご覧ください>

紹介本
行っていみたい国、街はありますか? 日本を離れて、住んでみたい国はありますか? 限られた日数に観光スポットや定番グルメを詰め込んだツアーの対極にあるのが、「暮らすように旅する」スタイルということですが、日常の生活...

 

 

タイトルとURLをコピーしました