YouTube音楽や動画を日常に活用

スポンサーリンク
インターネット
スポンサーリンク
スポンサーリンク

YouTubeの動画場所や時間を問わず自由にかつ気軽に視聴できることから、テレビ離れもすすんでいる?

YouTubeの動画で、子供をあやすおかあさん、お出かけの時もスマホなどでユーチューブ動画を楽しむ人。

管理人も介護施設に入所している母に昔の歌など聞かせてあげるのにユーチューブ動画を活用しました。

 

YouTube(ユーチューブ)って生活の一部みたいになってる?

YouTubeは人々のライフスタイルを変える影響力を有するほどになっています。

 

YouTubeは自由動画を投稿、そして無料でそこにある動画をみることができる動画共有サイトでとても便利なサイトです。

 

2005年2月サービスを開始:PayPalの社員だったチャド・ハーリー、スティーブ・チェン、ジョード・カリムらによって創設。

 

創設の翌年の2006年春にはGoogleやYahoo!、Microsoftなど大手が手掛ける動画サイトを抜いて、利用者数でトップの地位を占めてしまいました。

 

そして、同年10月YouTubeはにはGoogleに買収されました。

日本でもその2006頃よりブログで紹介され、人気がどんどんでてきました。

YouTubeに投稿された動画本数は現在では約20億本、再生数が1億回を超えた動画は1000本を超えると言われていますね。

 

著作権の問題もあります。ですが、テレビ番組やアーティストの動画がYouTubeにアップされ、多くの人がYouTubeを利用して楽しむようになってきてるんですね。

 

2011年4月にYouTubeは動画の収益化プログラムを一般化しました。

それによって、YouTubeへの動画投稿して多大な収益を上げるYouTuberが脚光を浴びることとなり、社会現象を巻き起こしている現状です。

スポンサーリンク

YouTube(ユーチューブ)の音楽

YouTubeにはプロから素人まで、ありとあらゆる音楽関係の動画が投稿されています。

ちょっと前には、プロ・一般の人たちアナ雪の歌がアップされて人気になりましたね。

 

プロのミュージシャンやアーティストもYouTubeに公式チャンネルを設置し、プロモーションビデオを公開するなど積極的に宣伝に活用するようになってきています。

 

YouTube動画のダウンロード方法

 

YouTube動画のダウンロード方法:

1.Google Chromeなどのブラウザに付属しているダウンロードのためのプラグインを利用する

2.YouTube動画のURLを入力するとMP3やMP4、AVIに変換してダウンロードできるサイトを利用するという方法

 

があります。

 

YouTube(ユーチューブ)のアプリについて

YouTubeを視聴するには…

(1)YouTube関係のアプリ:

[YouTube公式のアプリ](Safariなどのブラウザを通すことなく、迅速かつ快適にYouTube動画を観ることを可能にします)

自分の登録チャンネルやライブラリへのアクセスもしやすく、最高1080pの高画質で動画を楽しむことができます。

(2)公式アプリ以外:

【TubePlayer“for YouTube”】(YouTube動画をバックグラウンドで再生できるアプリ)

「TubePlayer“for YouTube」:バックグラウンド再生はもちろんYouTubeにログインすることなくプレイリストを作成できたり、日本で人気の動画ランキングや洋楽ランキング、音楽ジャンルごとのランキングがあるなど、公式にはない、痒い所に手が行き届いた便利な検索機能があります。

また音楽動画に特化したアプリやYouTubeを利用したカラオケナビゲーションアプリもあります。

「カラオケ選曲たすけ隊」:カラオケで人気の曲やシチュエーションに合わせた曲、年代別、アーティスト別などに曲が厳選され、YouTubeにリンクされ、確認することができます。

お気に入りの曲を「スクラップ機能」で保存でき、カラオケ時の選曲に大変便利なツールです。

 

その他YouTubeの活用

 

YouTube動画で料理、ケーキのレシピ、作り方などが主婦にはとても便利です。

OFFICE soft ワード、エクセル、パワポ、イラストレーター、フォトショップ、GINPなどソフトの使い方のチュートリアル動画も活用してます。

 

YouTubeの活用にはこちらの本も参考にしてみてください。

 

 

 

 

本の購入には楽天カードがお得

 

楽天カードはポイントもつくのでお得ですよ。


 

 

こちらも本を紹介しています、ご興味があればぜひみてみてください。

おすすめ書籍紹介

タイトルとURLをコピーしました