楽天銀行の口座開設や入金方法・ログインについて

スポンサーリンク
インターネット
スポンサーリンク
スポンサーリンク
楽天銀行の口座開設や入金方法、ログインについて紹介します。
楽天銀行の歴史

楽天銀行株式会社は急成長して一躍、知名度があがってきましたね。

オンライン銀行として日本で2番目に始まった新鋭会社ということはあまり知られてないかもしれませんね。

2000年設立されています。

スタートは日本電子決済企画株式会社として起業、翌年イーバンク銀行株式会社に改名しました。
楽天に買収されて、楽天銀行株式会社となったという経緯の銀行です。

 

ネット銀行としては国内最大数の口座を抱えいて、2016年時点で既に500万以上の口座数が存在していました。

歴史的には、イーバンク銀行時代の2000年代にエッジ(現ライブドア)・グローバルメディアオンライン・西日本シティ銀行と提携していました。

名称の「イーバンク銀行」は銀行を意味する単語が二つ入っていますが、それは銀行法によるところを考慮されたものであったということです。

楽天銀行の口座開設の仕方は?

楽天銀行は24時間何時でも好きな時使用可能な便利な口座だからということで所有する人が多いのが特徴。

口座開設の手続きも、申込書や印鑑が要らず、PCだけでなくスマートフォンでも行うことが可能となっています。

申し込み時に便利なアプリも用意されており、手続きを終えてから二日から二週間で本人確認まで完了することができます。

申し込みは三分程度で完了しますが、その際メールアドレスが必要となってきます。

口座開設時に利用開始可能なサービスは、主に19歳以上、20歳以上など、成人を対象とした宝くじやローンに関するものでした。

ホームページから、楽天銀行申込みのの画面の指示に従って名前や住所等必要事項を入力していきます。

審査中に楽天側から仕事先や学校に在籍しているか電話での確認がなされることがあります。

カードの種類を選びます→本人確認書類が認証されたら送付された初期設定ガイドにて初期設定をして、口座が利用できるようになります。

楽天銀行の入金方法の解説

入金方法は下記のとおりです。

◎楽天銀行のキャッシュカードで提携しているATMから入金する

◎金融機関であるゆうちょ銀行・三菱東京UFJ銀行・みずほ銀行・セブン銀行・イオン銀行から入金する。

提携先のATM:
ローソンATM・イーネットATM・ステーションATM Patsat・VIEW ALTTE ATMが利用可能です。

給料や年金の受け取り銀行口座として、また振込み先としての入金も可能で、ネットで便利な使い方も出来るということで、通常の銀行と同等の扱い方をする人も多いようです。

 

楽天銀行の公式サイトはこちら

 

スポンサーリンク

楽天銀行、口座開設のメリット

1.楽天銀行で口座開設するメリットとしては、口座を開設するにあたっての費用は無料あることや口座維持費もかからないことが挙げられます。

2.楽天銀行口座間の振込については手数料は無料で利用することができます。

3.近くのコンビニから24時間365日月に5回までであればATM手数料がかかることなく、いつでも引き落としすることができます。

4.口座開設後は、スマートフォンのアプリを使用して、残高の確認や振込を行うことも可能なので大変便利です。

5.楽天銀行は店舗を持たないぶん、低コストで運営できる利点から他の銀行に比べて高金利を実現しています。

6.口座を利用するたびに楽天スーパーポイントが貯まっていくので、楽天ブックスや楽天トラベルなど他のサービスのポイントにも利用することができます。

7.セキュリティー面も万全で、ワンタイム認証や合言葉認証など、複数のサービスを併合しているので安全安心に利用することができます。

 

 

ハッピープログラム詳細

 

他行の口座宛の場合もハッピープログラムという口座を持っているお客様を優遇してくれるプログラムに参加して、給料や年金などの振込先として楽天銀行を指定していると翌日に3回まで振込を無料で利用することができる特典があります。

ハッピープログラムはその他にもATMの手数料が月に7回まで無料になったり楽天スーパーポイントの獲得が通常よりもアップするなどお得な特典が様々あります。

それ以外の他行あての振込の場合は3万円未満なら165円、3万円以上なら258円の手数料が必要になるのでハッピープログラムに参加しておくとお得に楽天銀行を利用することができます。

 

楽天銀行 ログイン時のトラブルの解決方法は?

楽天銀行の口座利用、取引、お客様情報の変更をする場合には、ログインが必要となります。

ログイン時のトラブルに多い項目は下記の通りです。

”ログインをしたことがありません”に該当の場合:
楽天銀行から郵送したThank Youレターを所持しているかどうか、口座開設から1年以内か1年以上かなどで解決対応が変わりますが、楽天銀行WEBサイトでの解決が可能な場合とカスタマーセンターへの電話にて解決する場合があります。

”ログイン自体ができなくなりました”に該当の場合:
原因が下記項目にあてはまるかをご確認頂き、一部を除いて楽天銀行WEBサイトでの解決が可能です。
(楽天銀行カスタマーセンターに電話が必要な場合が一部あります。)

・ユーザIDだけわかりません
・パスワードだけわかりません
・ユーザIDもパスワードもわかりません
・合言葉を忘れてしまいました
・ログイン制限が一時解除できなくなりました
・支店・口座番号がわかりません

 

楽天銀行の手数料一覧

楽天銀行を利用するときのポイントになるのが、どのくらいの手数料が必要になるのかという点です。

ATMで取引を行う回数が多い方にとっては、手数料の問題は大切です。

1回あたり200円であったとしても、10回取引すれば2000円もかかってしまいます。

では楽天銀行の場合には、どのくらいの手数料が必要になるのでしょうか。

楽天銀行の口座からATMで出勤する場合、セブン銀行のATMなら216円必要です。

一方でゆうちょ銀行から出金するなら、270円かかります。

出金では入金する場合、セブン銀行のATMだと3万円未満は216円、3万円以上なら手数料がかかりません。

ゆうちょ銀行の場合、3万円未満なら270円、3万円以上なら無料です。

また楽天銀行の手数料は、ハッピープログラムを利用すると、入金時や出金時に必要な費用を一定回数無料にできます。

月に何度もATMから入出金する可能性がある方は、ハッピープログラムに注目することも大切です

 

楽天銀行スーパーローン、メリットにつて

楽天銀行スーパーローンは銀行のカードローンで、低金利に加えて総量規制の対象外のため年収による借り入れ金額の制限がないのが特徴となっています。

借り入れ返済ともに無料で利用できるATMが非常に多く、楽天銀行の普通口座を持っていなくても申し込みすることができます。

返済するときに手数料が不要なのは非常にプラスポイントです。

全国にあるコンビニなど近所や勤務先の周辺でATMが近くにあれば、借りたいときに借りて返したいときに返すことができるため利用しやすいのが最大のメリットとなっています。

利用できる時間帯も24時間となっているところが多く、ネット銀行の最大手である楽天銀行ならではのサービスです。

希望限度額が300万円以下の方は基本的に収入証明書が不要で、おまとめローンに積極的に取り組んでいます。

返済方式は残高スライドリボルビング方式で約定返済日の15日前の残高によってその月の返済金額が決まるため、毎月の返済金額を抑えることができます。

計画的にローンは使っていきましょう!

楽天銀行 公式サイト

 

 

楽天カードはこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓

楽天カード

おすすめの本も紹介しています、よろしければご覧ください。

紹介本
行っていみたい国、街はありますか? 日本を離れて、住んでみたい国はありますか? 限られた日数に観光スポットや定番グルメを詰め込んだツアーの対極にあるのが、「暮らすように旅する」スタイルということですが、日常の生活...
タイトルとURLをコピーしました