sbi証券(ネット証券)に入金方法、手数料、入金方法のおすすめは?

スポンサーリンク
銀行
スポンサーリンク
スポンサーリンク

sbi証券口座や 住信sbiネット銀行への入金方法についての情報です。

スポンサーリンク

ネット銀行ということで入出金などはネットでしかできないの?
住信SBIネット銀行 入金 はどんなふうに?
SBI証券 入金の方法おすすめはは?
SBI 証券の証券口座からSBI ハイブリッド預金への入金はできる?
などについてしらべてみました。

スポンサーリンク

SBI(ネット)証券口座への入金方法、リアルタイム、ゆうちょ、銀行などからの入金について

取引の口座を開設後は銀行口座から、SBI証券の証券総合口座に入金することができます

証券、外貨などの取引は、前払いなので、買付の注文じには、事前に買付代金相当額を入金しておく必要があります。

スポンサーリンク

即時入金 リアルタイム入金:

インターネット上で、自分の銀行口座から、SBI証券の証券総合口座へ即時に入金することができます。

 

振替入金(ゆうちょ銀行)
インターネット上で、自分のゆうちょ銀行口座から、SBI証券の証券総合口座へ入金できる。

 

銀行振込

自分の銀行口座(都市銀行・地方銀行等)の窓口やATM等よりSBI証券の証券総合口座へ入金いただけます。

スポンサーリンク

SBI証券口座への入金にかんしては公式HPで確認してください。

 

SBI 証券の証券口座からSBI ハイブリッド預金入金はできる?

SBI 証券の証券口座からハイブリッド預金への入金は自動で振替されます。

顧客の指示では入金はできない、SBI 証券での株式等の売却代金や売買の差額で増えた金額等がSBI ハイブリッド預金へ自動で入金されます。

住信SBIネット銀行 、SBIハイブリッド預金 入金・出金方法

スポンサーリンク


公式ページより引用

 

住信SBIネット銀行への入金(ATMまたは振込)
(1)ATMや振込で、住信SBIネット銀行口座へ入金します。(自動的に、代表口座の円普通預金に入金されます)
入出金 ATM
(2)住信SBIネット銀行WEBサイトにログインし、代表口座の円普通預金からSBI ハイブリッド預金へ振替えます。(手数料無料)

振替(SBIハイブリッド預金の入金・出金)

SBIハイブリッド預金へ振替えた資金はSBI 証券の買付余力に即時反映し、SBI 証券でのお取引が可能になります。(住信SBIネット銀行またはSBI 証券のシステムメンテナンス中を除く)

(1)SBI 証券口座に入金します。
振替(SBIハイブリッド預金の入金・出金)
定額自動振替サービス(SBIハイブリッド預金への自動振替)
(2)自動的にSBIハイブリッド預金へ資金が振替えられます。
翌営業日または翌々営業日反映されます。

 

住信SBIネット銀行口座への手数料が無料の、入金方法のおすすめ

住信SBIネット銀行口座への入金方法:
◎オンライン上におけるあなたが日頃使っている金融機関からの振込です。
金融機関によって手数料の金額は違いますが手数料はかかります。

往信SBIネット銀行が提携しているatmからの直接振込。
この場合はこの手数料は、一切かかりません。

 

住信SBIネット銀行利用できるATM

スポンサーリンク

振込手数料無料で使えるatm先は5つです。

イオン銀行、セブン銀行、e-ネット、ローソンatm、郵貯

あと

JR東日本の駅構内などにある「駅のATM 「VIEW ALTTE」(ビューアルッテ)」も利用できます。

 

最大で月15回まで引出し手数料が無料(現金の預入れ、カードローンの借入・随時返済手数料は無料です。)
全国のコンビニやスーパーなど近くのATMから24時間365日取引が可能。
利用できるATM

ATM

利用可能ATM
利用時間※1
主な設置場所
預入
引出
残高
照会
カード
ローン
イオン銀行
24時間

イオン、ミニストップ

セブン銀行
24時間

セブンイレブン、イトーヨーカドー

イーネット
24時間

ファミリーマート、スリーエフ

ローソンATM
24時間

ローソン、ナチュラルローソン

ゆうちょ銀行
0:05~23:55※2
X

ゆうちょ銀行、ファミリーマート

ビューアルッテ
X
初電~終電までの
営業時間内
(店舗内設置のATMは店舗営業時間内)
X

JR東日本の駅構内など

もっと詳しいATM,場所、時間、手数料などに関しての情報

 

その他、場所によっての違いなど詳細はこちらから
スポンサーリンク

住信SBIネット銀行「キャッシュカードの特徴とメリット」

往信SBIネット銀行のキャッシュカードはVISA付きデビットカードと呼ばれるものになっています。

デビットカード自体をよくわからないという人もいるかもしれませんね、クレジットカードとの比較してみると理解しやすいかと思います。

往信SBIネット銀行では、クレジットカードの存在自体がなく、全てVISAデビット付きキャッシュカードでのご利用になっています。

VISAデビットカードの魅力を一言でいうのであれば、現金そのままの感覚でカードとして利用するということです。

 

普段利用している金融機関から買い物の代金、支払い金額がそのまま口座より引き落としになるということは、この口座自体に現金が入っていなければ使うことはできないので無駄な消費や浪費を防ぐことができるようになっています。

クレッジットカードを利用する時の利用限度額と言う概念も存在ません。

1回払いのみの支払いで、クレジットカードのような月末締め、翌月払いのような期日も備わっていないカードがVISAデビット付きキャッシュカードだということですね。

 

住信SBIネット銀行の魅力とVISAデビット付きキャッシュカードの特徴とメリットについてを解説しました。

口座開設に付随するログイン方法及び入金に関する注意点についての情報をお伝えしました。
普段のお買い物で何気なくクレジット払いによって使いすぎてしまっているなあ、と対策を考えているなら、往信SBIネット銀行のようなデビットカードの利用も検討してみてはいかがでしょうか?

 

定期預金、外貨預金、住宅ローン、カードローンなどの サービスやキャンペーンの情報、
住信SBIネット銀行のホームページはこちらです。

 

住信SBIネット銀行 カードやログイン及び入金に関するお問い合わせ

0120-974-646

 

スポンサーリンク

往信SBIネット銀行、ログイン方法は?

最低限のご利用で済ますことができる往信SBIネット銀行のデビット付きキャッシュカードの申込方法は、全てウェブサイトからのお申し込みとなります。

申請してから自宅に届くまでの期間は1週間~10日前後になっています。

ログイン及び入金は通知書として届いてから確認できるログイン情報に必要なユーザーネームとログインパスワードが到着してからの利用開始になります。

 

sbi証券口座や 住信sbiネット銀行の入金方法のまとめ

証券口座への入金方法、

住信SBIネット銀行への入金(ATMまたは振込)

SBIハイブリッド預金 入金・出金方法

などの詳細をまとめてみました。

お役にたてば幸いです。

 

銀行
スポンサーリンク
これとくだネ