市役所・町役場・コンビニでの住民票の発行・取り方(土日・委任状・除票・マイナンバー記載)について解説

スポンサーリンク
生活
スポンサーリンク
スポンサーリンク

市役所・町役場、コンビニでの住民票の発行・取り方(土日・委任状・除票・マイナンバー記載の仕方などについて

住民票の発行は、ちょっと前までは面倒でしたね。
市役所、役場でしか発行できなかった時代では、役所まで行かないといけないのはもちろん、夕方5時までに窓口に行かなければ対応されなかったのです。

お勤めの方は時間的な休みをとっていたのではないでしょうか?

 

 

本人確認は厳密には行われていなかった時代もありmしたね。
本人以外の人物が、住民票をカンタンに取得できてしまうというトラブルおきていたのも事実です。

マイナンバーができてから、マイナンバーカードを利用することで、市役所はもちろん、コンビニでも住民票を発行することができるようになりました。

マイナンバーカードは、厳密に本人確認がなされているので、本人以外の人物が、勝手に住民票を発行することは事実上できないということです。

 

今は、市役所、町役場でも厳密に本人確認をおこなってから住民票を発行しています。
よりプライバシー・個人情報に配慮されるようになった、住民票の発行手続きについて、より詳しい内容(土日の取得・委任状・除票・マイナンバー記載)をわかりやすく解説します。

スポンサーリンク

市役所での住民票の取り方、本人確認書類は?

市役所・町役場での住民票の取り方は、最寄の役所のHPに掲載されていますが、わかりやすく解説すると、かならず、市役所が認めている本人確認書類を用意し、窓口対応時間内に、それを提出する必要があります。

窓口対応は時間(8:00~17:00)受付で土日の発行はありません。

住民票の発行のために必要な本人確認書類は、公的機関が発行したものでなければなりません。
本人確認書類:保険証や年金手帳な、また運転免許証やパスポートなど顔写真が掲載されたものは、本人確認書類として認められていますが、顔写真が掲載されていても、会社の社員証や学生証などは、それだけでは、認められないものもあります。

 

 

市役所・町役場での住民票の取り方は?委任状・除票・マイナンバー記載について

市役所での住民票発行のメリットは、委任状を使うことができる点にあります。

本人以外の人でも、住民票を代わりの人が、発行申請することができます。

その場合は、本人が代理人に住民票の発行を依頼したことを証明する必要がありますが、これを住民票の委任状といいます。

委任状は、各市役所に書式が用意されていますs。
その書式に従って、必要項目を記載して委任状として効力を発揮します。

また、除票とは、引っ越しや死亡によって、市役所・町役場が管轄している地域から本人がいなくなった時に、本人の住民票の一部に印字されるものです。

住民票に除票マークがあるものは、事実上、その役所の管轄外の人であると判断することができます。

住民票は、マイナンバー記載も可能です。
しかしマイナンバーは、個人を特定することができる非常に重要な個人情報となりますので、役所の窓口の人が善意で、利用目的によっては、マイナンバー記載の必要がないことを伝えてくれることがあります。

 

コンビニでの住民票の取り方について、マイナンバーカードの利用と土日の発行の仕方

住民票は、コンビニで誰でも簡単に発行できるようになりました。
その時の本人確認についてはマイナンバーカードに限定されていることを知っておく必要があります。

マイナンバーカードはについては、全国民に配布されている自動的なカードではなく、申請した人にしか発行されないので、コンビニで住民票発行をしたい人は発行申請をしておくといいですね。

マイナンバーカードの申請:
マイナンバー通知書に記載されている番号と、本人の顔写真で受付、発行されます。

申請はPCはもちろんスマホからでも申請することができるように配慮されていますが、本人の顔写真チェックは、厳しいのでその辺を注意して申請してください。

写真についての注意点:
本人の顔に、髪の毛がかかっていたり、帽子などをかぶっていたり、影が大きくうつりこんでいるなど、本人と特定することが難しいケースでは、却下されてしまうので注意しましょう

 

マイナンバーカードが手元に届いたら、だれでもコンビニで住民票を発行できます。
平日はもちろん、土日も問題なく発行できます
ので、ぜひ利用してみてください。

 

コンビニで住民票発行できたら本当に便利ですよね。

コンビニはいつも買い物に行ったりします。

コンビニでもクレジットカード決済がお得ですよ。

楽天カードはポイントもつくのでおすすめです。

楽天カード

 

<おすすめの本も紹介しています、よろしければご覧ください。>

タイトルとURLをコピーしました