証明書がコンビニで発行、取得方法2022年|マイナンバーカード申請|証明書市町村役所で取得詳細を解説

スポンサーリンク
生活
スポンサーリンク
スポンサーリンク

戸籍謄本 課税証明書、所得証明書、印鑑証明 、住民票 など証明書をコンビニで発行サービスについての解説します。

コンビニで取得できる証明書。役所にいかなくても、全国のコンビニエンスストア等の端末(マルチコピー機)で発行されるサービス。
マイナンバーカード又は住民基本台帳カードで市区町村が発行する証明書(住民票の写し、印鑑登録証明書等)が必要です。

市区町村によって、証明書でとれるものとできないものがあるので事前にチエックは必要です。

証明書は市町村役の窓口や夜間、休日などでも受け取ることができますね。事前に申告しておいて夜間に取にいったことがあります。警備員さんが渡してくれました。

 

コンビニだと便利ですね。証明書取得にどんな手続きが必要なのか?やり方についてを解説します。

スポンサーリンク

コンビニで証明書を取得する方法

①事前準備

□住んでいる市町村がコンビニ交付をしてるかどうかを確認

□利用者本人がマイナンバーカードまたは住民基本台帳カードの取得

詳しくはこちらのサイトで利用できる市町村が検索できます

 

②各コンビニの端末操作で取得します。

 

戸籍謄本取得コンビニでできない?

住んでいる市区町村と本籍地の市区町村が異なるなる場合は注意が必要です。

本籍地と住んでいるところが同じ場合は通常のやり方で取得できます。

現住所と本籍地が違う場合の取得のやり方は👇

□利用できるかどうか確認

□申し込み

□利用状態確認

□取得

 

コンビニエンスストア等における証明書等の自動交付【コンビニ交付】 | 本籍地の戸籍証明書取得方法
コンビニエンスストア等における証明書等の自動交付【コンビニ交付】

コンビニで課税証明書受け取れない?所得証明書、印鑑証明のコンビニでのやり方、受け取り方は?コンビニ発行必要なものは?

課税証明書をコンビニで受け取れるかどうか?

受け取りのやり方は、事前準備をしてコンビニの端末で操作すると発行されます。

登録の現住所の市町村で受け取れるサービス提供している場合は可能です。

<印鑑証明や課税証明書、コンビニ発行で必要なもの>
•利用者本人のマイナンバーカードまたは市区町村によっては住民基本台帳カードが利用できる。(事前取得が必要)
•市区町村毎に決められた交付手数料

 

住民票取るとき、コンビニではマイナンバーカードなしの場合は発行手続きができません。

郵送などで申請可能で、窓口時間外でも発行している市町村もあります。サイト検索でネットでの申請または電話で問いあわせてみることをオススメします

コンビニで取得できる書類は?

  • 住民票の写し
  • 住民票記載事項証明書
  • 印鑑登録証明書
  • 各種税証明書
  • 戸籍証明書(全部事項証明書、個人事項証明書)
  • 戸籍の附票の写し

本籍地の証明書(登録の現住所の市区町村と本籍地の市区町村が異なる場合)

戸籍証明書(全部事項証明書、個人事項証明書)
戸籍の附票の写し

証明書コンビニ発行安心?

コンビニで証明書発行は待ち時間なし、取りに行く時間節約、とか便利でいいですが、やはり個人情報なので心配という方も多いでしょうね。

市町村でもそれぞれ暗号化などの対策を公表しています。

登録住所の市町村でコンビニ交付と検索してみるとその詳細を知ることができます。

利用者の多いコンビニエンスストア等店舗でも、個人情報を徹底的に守ります。

1.周りの人の目に触れずに証明書が取得できる
申請から証明書の受領までのすべての手続きをコンビニエンスストア等店舗のキオスク端末で行うので、周りの人の目に触れず安心して証明書を取得することが出来ます。

2.マイナンバーカードや証明書の取り忘れ防止
マイナンバーカードや証明書等をお忘れにならないよう、キオスク端末の画面や音声、アラーム等の取り忘れ防止対策を実施しています。

3.通信ネットワークの安全対策
システム内のネットワークは、専用の通信ネットワークを利用しているほか、SSL通信による通信内容の暗号化を実施しており、個人情報漏洩の防止対策を講じています。

4.証明書の偽造・改ざん対策
キオスク端末から取得できる証明書は、改ざん防止専用紙ではなく、A4サイズの普通紙を用いています。
証明書には、次の偽造・改ざん防止処理を施し、証明書の偽造や改ざんを防いでいます。
偽造・改ざん対策の詳細(けん制文字、スクランブル画像、偽造防止検出画像)につきましては、「受け取った証明書の確認」をご覧ください。

コンビニエンスストア等における証明書等の自動交付【コンビニ交付】 | ホーム
コンビニエンスストア等における証明書等の自動交付【コンビニ交付】

 

市町村役所での住民票の取り方、本人確認書類は?

市役所・町役場での住民票の取り方は、最寄の役所のHPに掲載されていますが、わかりやすく解説すると、かならず、市役所が認めている本人確認書類を用意し、窓口対応時間内に、それを提出する必要があります。

窓口対応は時間(8:00~17:00)受付で土日の発行はありません。

住民票の発行のために必要な本人確認書類は、公的機関が発行したものでなければなりません。
本人確認書類:保険証や年金手帳な、また運転免許証やパスポートなど顔写真が掲載されたものは、本人確認書類として認められていますが、顔写真が掲載されていても、会社の社員証や学生証などは、それだけでは、認められないものもあります。

受け取りは夜間でも可能な役所が多くなりました。

 

 

市役所・町役場での住民票の取り方は?委任状・除票・マイナンバー記載について

市役所での住民票発行のメリットは、委任状を使うことができる点にあります。

本人以外の人でも、住民票を代わりの人が、発行申請することができます。

その場合は、本人が代理人に住民票の発行を依頼したことを証明する必要がありますが、これを住民票の委任状といいます。

委任状は、各市役所に書式が用意されていますs。
その書式に従って、必要項目を記載して委任状として効力を発揮します。

また、除票とは、引っ越しや死亡によって、市役所・町役場が管轄している地域から本人がいなくなった時に、本人の住民票の一部に印字されるものです。

住民票に除票マークがあるものは、事実上、その役所の管轄外の人であると判断することができます。

住民票は、マイナンバー記載も可能です。
しかしマイナンバーは、個人を特定することができる非常に重要な個人情報となりますので、役所の窓口の人が善意で、利用目的によっては、マイナンバー記載の必要がないことを伝えてくれることがあります。

 

マイナンバーカード申請の仕方、オンラインで可能

住民票は、コンビニで誰でも簡単に発行できるようになりました。
その時の本人確認についてはマイナンバーカードに限定されていることを知っておく必要があります。

マイナンバーカードはについては、全国民に配布されている自動的なカードではなく、申請した人にしか発行されないので、コンビニで住民票発行をしたい人は発行申請をしておくといいですね。

マイナンバーカードの申請:

スマホでも申請できます。
1.メールアドレス登録
2.スマートフォンのカメラで交付申請書のQRコードを読み取り、申請用WEBサイトにアクセスしてメールアドレスを登録
3.顔写真登録
4.申請情報登録
7.申請情報登録完了

 

オンラインマイナンバーカードオンライン申請

 

 

マイナンバー通知書に記載されている番号と、本人の顔写真で受付、発行されます。

申請はPCはもちろんスマホからでも申請することができるように配慮されていますが、本人の顔写真チェックは、厳しいのでその辺を注意して申請してください。

写真についての注意点:
本人の顔に、髪の毛がかかっていたり、帽子などをかぶっていたり、影が大きくうつりこんでいるなど、本人と特定することが難しいケースでは、却下されてしまうので注意しましょう

 

マイナンバーカードが手元に届いたら、だれでもコンビニで住民票を発行できます。
平日はもちろん、土日も問題なく発行できます
ので、ぜひ利用してみてください。

 

コンビニで住民票発行できたら本当に便利ですよね。

コンビニはいつも買い物に行ったりします。

コンビニでもクレジットカード決済がお得ですよ。

楽天カードはポイントもつくのでおすすめです。

楽天カード

 

<おすすめの本も紹介しています、よろしければご覧ください。>

生活
これとくだネ