\ 最大8%ポイントアップ! /

デジタルインナーミラー選び方、ミラー型ドライブレコーダーとどっちがオススメ?

[PR]

オートバックス・Amazon・楽天市場でデジタルインナーミラーが人気です。
後方のカメラ映像を映す事が可能な、ルームミラー型のドライブレコーダーの事です。

デジタルインナーミラーが、人気の訳は、カメラの映像をルームミラーに映すので、ルームミラーの角度を気にする事無く、また、車内に荷物を積んでいたり、後部座席に人を乗せていたりする時でも、遮られる事無く、後方の安全を確認する事が出来ます。

また、普通のルームミラーでは見づらい、暗い場所でも安全確認しやすいです。

このような理由から、今、デジタルインナーミラーは、とても人気になっています。

amazon新生活応援セール特選コーナーはコチラ⏩
目次

デジタルインナーミラと従来のミラー型ドライブレコーダーはどっちを選ぶ?

機能がつきすぎて、必要がないものがあるとか、
そもそも運転するときにデジタルインナーミラーの必要がないという場合もあります。
ミラー型のドライブレコーダーが見やすいという人もいます。

それぞれ選ぶポイントを確認してご自分にあったものを選んでください。

デジタルインナーミラーのはどれがオススメ?選ぶポイント

デジタルインナーミラーのオススメ、選び方についてのポイント

・デジタルインナーミラーのコストパフォーマンス。

・デジタルインナーミラーの本体から出る配線の量。

・デジタルインナーミラーのルームミラーの画面の見やすさ。

・デジタルインナーミラーのフロントカメラ、リアカメラの性能。

デジタルインナーミラーの選び方については、上記の通りです。

特に、真ん中のルームミラーの画面の見やすさは、かなり大事です。

デジタルインナーミラーが見づらいのであれば、従来のルームミラーのほうがいい場合もあるので、せっかく見やすいはずのデジタルインナーミラーに変えるのであれば、絶対に見やすいほうがいいので、ルームミラーの画面の見やすさが最優先です。

また、ルームミラーの画面の見やすさが、交通事故の抑制にも直結するので、画面の見やすさは、非常に重要なポイントです。

人気のデジタルインナーミラードライブレコーダー

最新技術のデジタルインナーミラー

>>Amazonカー用品・取付・交換サービス

>>オートバックスデジタルインナーミラー取付工賃

ミラー型ドライブレコーダーの選ぶポイント

1.タイプで選ぶ
ミラー型ドライブレコーダーは一体型とセパレート型と2タイプがあります。

◆一体型をオススメする人:自分だけが利用する車には一体型
カメラとミラーが一体となっているタイプ。
車内の取り付けスペースがいらない省スペースでOK.
ルームミラーとの連動でカメラが動くので撮影範囲がぶれる場合もあります。
個人用ならそう動かすこともないのでそういう利用者にオススメ。

\最大8%ポイントアップ!/
Amazon

◆分離型のミラー型ドライブレコーダー
おススメの人:家族や共用で車を使う人
カメラとミラーが分離しているタイプ。
ルームミラーの角度を変えたりしてもカメラはうごきません。
デメリットは設置場所を採るということ。

2.画質で選ぶ

相手車両のナンバーまでを正確に録画するには、画質+画素数がいいドライブレコーダーがオススメです。

近年、あおり運転などで被害がでていることもあり、きれいに、はっきり録画できるドライブレコーダーは人気です。

画質は「フルHD以上」、画素数は「200万画素以上」がオススメ。

1920×1080・1080pときされているものもありますが、より鮮明な録画データを記録したい場合は、1000万画素などの高画質モデルを選ぶのもおすすめです。

3.録画の方向で選ぶ

前後録画
後方のみ
録画のものがあるので用途によって選ぶことをオススメ

◆前後録画
あおり運転対策にも効果的です。
後ろからの追突や後ろ側で起こる車両のトラブル対策にもなります。
事故の予防、安全性を求める人にオススメ。


後方のみ録画
後方のみの録画でOKtoいう場合はドライブレコーダー機能付きのバックカメラをオススメ
駐車の時や、衝突の場合も自動録画機能で証拠の映像として使えます。

boosi
¥2,599 (2023/01/26 14:33時点 | Amazon調べ)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazon

4.撮影範囲で選ぶ

視野角度180°から200°
死角なしで録画を撮りたいなら360度全方位を選ぶことをオススメ

駐車の幅寄せ、事故の時の車内の状況も録画で確認できます。
価格が高めなのがネックですが、車を乗る時の安心、安全のための投資と思って選ぶ方も多くなっています。

まとめ

デジタルインナーミラーが人気の訳は、カメラの映像をルームミラーに映すので、ルームミラーの角度を気にする事無く、また、車内に荷物を積んでいたり、後部座席に人を乗せていたりする時でも、遮られる事無く、後方の安全を確認する事が出来ます。

また、普通のルームミラーでは見づらい、暗い場所でも安全確認しやすいです。

ルームミラーの画面の見やすさは、かなり大事です。

見づらいのであれば、従来のルームミラーのほうがいい場合もあるので、せっかく見やすいはずのデジタルインナーミラーに変えるのであれば、絶対に見やすいほうがいいので、ルームミラーの画面の見やすさが最優先です。

また、ルームミラーの画面の見やすさが、交通事故の抑制にも直結するので、画面の見やすさは、非常に重要です。

安いか高いか、デジタルインナーミラーか従来のミラー型ドライブレコーダーかはご自分の利用用途を確認して必要なものを選択することをオススメします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次