\ ビッグセール!【タイムセール祭り】エントリー開始 /

オートバックス LEDヘッドライト交換の費用やLEDヘッドライトについて

ヘッドライトをLEDに変えようと思ったとき、オートバックスが浮かぶ人、自分でもできるかもと探す人、そんな人のための情報です。

オートバックスでは販売・交換を行っていますが、オートバックスでledヘッドライト交換の費用は、いくらなのか?気になりますよね。

また、ハロゲンからLEDヘッドライト交換するメリットも気になります。

LEDヘッドライト交換はDIY、自分で簡単にできるか?についてもしらべてみました。

この記事では、オートバックスでのLEDヘッドライト交換の費用は、いくらなのか?と、ハロゲンからLEDヘッドライト交換するメリットと、ledヘッドライト交換はDIY、自分でできるか?について、調べた詳細情報についてをまとめています。

目次

オートバックスLEDヘッドライト交換の費用は?

オートバックスでのLEDヘッドライト交換の費用は、いったいいくらなのでしょうか?

オートバックスでのLEDヘッドライトへの交換の費用は、下記の通りです。

1か所:2,200円(税込)~

電球代は別料金で、他部品の脱着あれば、別途工賃がかかる仕様になっています。

かなりお手ごろな値段ですね。

さらに、総じてLEDヘッドライトは長寿命で、交換目安、寿命は約1万時間(15年間)なので、一度交換するとほぼ交換しなくてもいいようになり、とても経済的です。

ヘッドライトの役割
車のライトの役割とは、夜間だけでなく、走行中は日中でも周囲に車の存在を知らせる大切な役割があります。
夕暮れ時やトンネルの中、などでは、ライトをつけて、正しく使うことで事故防止のために役立つ使い方という役割もあります。

ヘッドライト(前照灯)は車の前面左右にあり、強い光で前方を照らし視野を確保します。

車に備わる照明装置(ライト)のなかでもっとも強い光を発するライトです。
照射距離を2段階で調整する機能があり、前方約40m先まで照射する、ロービーム、すれ違い用前照灯と前方約100m先まで照らすハイビーム(走行用前照灯)が、走行時に的確な視界が得られるようになっています。すれ違いは自分だけでなく、相手の走行にも配慮した光量の配分ですね。

道路交通法でも夜間に他車両と行き違うときや前走車の直後を走る場合には、ヘッドライトの消灯あるいは減光する等灯火を操作しなければならないと定められています。

自分(ドライバーの感覚で)で操作して、使い分けるというのが従来でしたが、今はオートライト機能搭載した車がでていますね。AUTOに合わせておくと、周囲の明るさに応じて自動的にヘッドライトが点灯します。

ハロゲンからLEDヘッドライト交換するメリット

ハロゲンからLEDヘッドライト交換するメリットはをまとめてみると、

・ハロゲンランプより消費電力が少ないLEDヘッドライト。

・LEDヘッドライトは、点灯直後から最大光量で照射してみやすい。

・LEDヘッドライトは、歩行者や対向車に対してのカットオフラインがはっきり出る。

・LEDヘッドライトは、発熱が少ない。

・LEDヘッドライトは、長寿命である。

色々な利点がありますね。

特に、2つ目のLEDヘッドライトは、点灯直後から最大光量で照射する、というのは大きくて、ハロゲン球は点灯してから、最大の光量になるまで数秒の時間を要しますが、LEDは瞬時に最大光量で照射できます。

これは点灯する際やハイビームへの切り替え、パッシングで大きな差となります。

また、ハロゲンからLEDヘッドライトにかえると、LEDヘッドライトは、LEDならではの白く明るい光で安全性も向上します。

ヘッドライトだけでなく、ポジション球などが切れていると危険だったり、違反にもなったりするので、早めの点検と交換が大事になってきます。

LEDヘッドライト交換はDIY、自分でできる?作業手順は?

ヘッドライト ハロゲンとLEDはどちらをえらべばいいのでしょうか?
ランプの寿命に関してはLEDはハロゲンの倍以上となり、
消費電力はLEDはハロゲンの半分以下
ということで、
長持、省エネとくれば、LEDライトがいいということで、交換したいと思ったとき、
LEDヘッドライト交換は、DIYで自ら行うことができるのでしょうか?

LEDヘッドライト交換を自ら行う場合の作業手順は、以下の通りです。

手順1:車両側の電源コネクターを抜く

手順2:防水ゴムカバーを取り外す

手順3:バルブを留めている金具を外す

手順4:バルブを引き抜く

手順5:LEDバルブに交換する

手順6:フランジを取り付ける

手順7:防水ゴムカバーを装着

手順8:LEDバルブを固定する

手順9:ガタツキなど不具合がないことを確認

手順10:ドライバーユニットのコネクターを接続する

手順11:車両側の電源コネクターを接続

手順12:ドライバーユニットを固定

以上で完成です。

かなりの作業量ですね。

LEDヘッドライト交換は、DIYで自ら行うことができますが、手順の多さを考えると、自分でやるよりも、オートバックスに頼んだほうがいいです。

ハロゲンに比べて、交換の工賃は多少高くなりますが、LEDヘッドライトは、長寿命なので、一度かえたら、廃車まで持ちます。

車は自分でいじりたいという人もいますよね。

こちらの本はそんな方のお役にたちます。

著:三栄書房
¥1,100 (2023/01/05 14:32時点 | Amazon調べ)
\ビッグセール!【タイムセール祭り】エントリー開始/
Amazon
著:松平 智敬, 監修:学校法人 小倉学園 専門学校, 監修:東京自動車大学校
¥2,134 (2023/01/05 14:36時点 | Amazon調べ)
\ビッグセール!【タイムセール祭り】エントリー開始/
Amazon

まとめ

オートバックスでのLEDヘッドライトへの交換の費用は、下記の通りです。

1か所:2,200円(税込)~

電球代は別料金で、他部品の脱着あれば、別途工賃がかかる仕様になっています。

ハロゲンからLEDヘッドライト交換するメリットを考えるとやはりLEDに交換ですよね。

ハロゲンからLEDヘッドライトにかえると、LEDヘッドライトは、LEDならではの白く明るい光で安全性も向上します。

かなりの明るさの変化が実感できます。

ヘッドライトが汚れていると、せっかくの愛車が古く見えたり、ライトが見えにくくなって運転に支障がでる事もあったりします。

汚れを落とす際に、この際ハロゲンからLEDヘッドライトにかえるのがいいです。

また、LEDヘッドライト交換は、DIYで自ら行うことができますが、手間の多さを考えると、オートバックスに頼んだほうがいいです。

ハロゲンに比べて、交換の工賃は多少高くなりますが、LEDヘッドライトは、長寿命なので、一度かえたら、廃車まで持ちます。

LEDヘッドライトを購入して、ハロゲンからの交換をご検討の方は、参考にしてください。

ヘッドライトだけでなく、ポジション球などが切れていると危険だったり、違反にもなったりするので、早めの点検と交換が大事になってきます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次