\ ビッグセール!【タイムセール祭り】エントリー開始 /

鯛 漬け 日持ちがいいのはのなぜ、一晩 漬ける場合の注意点、漬けタレの比率、美味しい簡単レシピをご紹介

鯛を漬けて日持させると賞味期限が伸びるのは知っていてもなぜか?はきっちりとわかっていない人もおおいですよね。

鯛や生の魚は腐りやすい、日持ちしないというのが困りものですが、のこってしまったとか、安いからと衝動買いをしてしまって、すぐに食べられないときもあります。

漬けることで、日持ちがするので腐らせてしまうもったいないことしなくて、また美味しく食べられていいですよね。

目次

鯛 漬け 日持ちがいいのはなぜ?

漬けはの日持ちはお漬物や塩漬けなど保存して長持ちさせる技術を生み出した先人の知恵ですね。江戸時代マグロがたくさん獲れて長持ちさせるために工夫された保存の技術ということが伝えられています。

水分が多いと腐りやすいですね。

それを防ぐのが漬けですね。

塩っ気のあるもので漬けこむと、塩分濃度の調整で浸透圧が働いで水分が外にでます。

腐敗の原因水分が少なくなって、そして日持ちがよくなってきます。(ミイラ思い出した人すごい想像力!(笑))

乾燥させると長持ちします。干物も保存法の一種です。

かといってカラカラに干してしまうのではなく、適度にしっとりと美味しくいただく漬けで無駄なく、長持ちさせて、生より美味しくいただく!

今どきは冷蔵庫や冷凍庫があるので、江戸時代のように保存が難しいという時代いでもないですね。漬けは日持ち、保存もですが一種の料理法になってきていますね。

カネサン桝屋
¥1,080 (2023/01/07 21:37時点 | Amazon調べ)
\ビッグセール!【タイムセール祭り】エントリー開始/
Amazon
わが街とくさんネット
¥6,480 (2023/01/07 21:39時点 | Amazon調べ)
\ビッグセール!【タイムセール祭り】エントリー開始/
Amazon
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次