城崎温泉(きのさきおんせん)「観光マップ」と「外湯めぐり」の楽しみ方

スポンサーリンク
交通
スポンサーリンク
スポンサーリンク

城崎温泉(きのさきおんせん)について

城崎温泉は、兵庫県豊岡市城崎町(旧国但馬国、旧城崎郡城崎町)にある温泉です。

平安時代から知られている温泉で、1300年の歴史があります、江戸時代には「海内第一泉(かいだいだいいちせん)」と呼ばれていていたとのこと。
江戸時代の温泉番付によると西の関脇にランクされる温泉でもありました。最近ではミシュラン・グリーンガイド・ジャポンで二つ星にかがやいたということでも話題になっている温泉です。

 

泉質:食塩泉 – 源泉温度37℃〜83℃。
すべての源泉は1972年に作られた集中配湯管理施設に集められて、平均温度を57度に安定させてから町内に張り巡らされている配管を通じて、各外湯・旅館に送湯されています。

効能:神経痛・筋肉痛・うちみ・慢性・消化器病・痔病・疲労回復 他
泉質:ナトリウム・カルシウム-塩化物・高温泉

 

コウノトリが傷を癒していた事により発見との伝説がある。717年(養老元年)から720年(養老4年)、道智上人が千日の修行を行った末に湧出したことが城崎温泉のはじまり。(現在のまんだら湯)道智上人は温泉寺開山でもある。温泉寺は以後、城崎温泉の社会的中心になる。

 

明治以後も文人墨客に愛され、『城の崎にて』を書いた志賀直哉、作家・有島武郎をはじめとする多数の文豪がおとずれたことでも有名な温泉地です。

 

城崎温泉の観光マップとアクセス

 

画像をクリックするとアクセスのサイトで詳細をご覧になれます。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

おすすめの城崎観光スポット

 

城崎温泉ロープウェイ
太田垣士郎資料館
城崎麦わら細工伝承館
城崎美術館
城崎文芸館
来日山
玄武洞公園
温泉寺、四所神社、極楽寺
円山川公苑、レンタサイクル、大師山ハイキングコース、城崎マリンワールド、楽々浦湾と鼻かけ地蔵
城崎温泉の歴史年表
城崎を訪れた文豪
文学碑めぐり、歌のポスト

画像をクリックすると城崎観光ガイドのサイトで詳細をご覧になれます。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

 

 

 

スポンサーリンク

城崎温泉の「外湯めぐり」の地図

 

城崎名物の外湯は7つの場所があります。
「さとの湯」「一の湯」「御所の湯」「まんだら湯」「地蔵湯」「鴻の湯」「柳湯」の7つです。

それぞれ定休日があり、平日はどこかがお休みというようになっているようです。
土日は全てやっていますが平日よりは混むことが予想されます。
水曜日と木曜日は最大二つがお休みなので、もしも平日に行くのであれば月曜・火曜・金曜日で計画してみてはいかがでしょう?

 

城崎温泉外湯めぐり地図

 

 

浴衣をきてげたをはいての外湯巡りは城崎温泉ならではの楽しみかたです。

もちろん温泉めぐりをしながら、お土産屋さんをひやかしながら、ぶらぶら楽しむカップルの姿も目立ちます。

「日本一ゆかたの似合うまち」として城崎温泉が「日本一ゆかたの似合う女性」を選ぶコンテストも行っています。

 

この外湯入り放題の「外湯めぐり券」は大人1200円、小学生以下600円です。

 

 

 

城崎温泉の旅館を地図から探す

 

城崎温泉の宿を探すのは、通常のサービス以外に、城崎温泉専用の宿泊システムが用意されています。

 

きのさき温泉旅館協同組合の公式サイト「お宿とれとれ」はこちら

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

 

お宿を地図からさがすにはこちらのサイト

 

 

11月から3月の間であれば、カニ尽くし、かにと但馬牛、高級カニの津居山がになど、ランチもディナーもお奨めの食事処もみのがせません。

 

城崎温泉旅行にはクレジットカードもお忘れなく

 

楽天カードはポイントもついておとくです。


 

おすすめの本も紹介しています、よろしければご覧ください。

紹介本
行っていみたい国、街はありますか? 日本を離れて、住んでみたい国はありますか? 限られた日数に観光スポットや定番グルメを詰め込んだツアーの対極にあるのが、「暮らすように旅する」スタイルということですが、日常の生活...
タイトルとURLをコピーしました