りそな銀行、店舗、マイゲートなどについて

スポンサーリンク
インターネット
スポンサーリンク
スポンサーリンク

りそな銀行について

りそな銀行は、りそなホールディングスの子会社でです。
設立は1918年、大阪に本社を構え全国広域に展開する都市銀行である「株式会社りそな銀行」。

 

旧野村財閥の大和銀行とあさひ銀行の合併により名称「りそな」としてできた銀行です。
信託併営を第二次世界大戦前から続けている都市銀行です。

”りそな”の名称の由来ははラテン語で、共鳴せよという意味あいで、会社のシンボルマークも共鳴をイメージしたものが採用されています。

国会議事堂内に衆議院・参議院それぞれに対応した支店を持っています。
複数の営業拠点を持ち、大阪1店舗、奈良1店舗、東京2店舗が拠点となっています。
「りそな銀行」としての営業は2003年から開始、同年にりそなホールディングスの完全子会社となったという経緯があります。

りそな銀行のオンラインサービス、マイゲートについて

りそな銀行には「マイゲート」と言うネットービスがあります。

元々の名称は「りそなダイレクト」で、それを改善・改名したものです。

マイゲートを利用すると場所や時間に関係なく様々なサービスが活用できるようになっています。※システムメンテナンス時は利用不可となっています。

マイゲートで、投資信託や外貨預金が手軽に手続きができて、それに伴う電子交付サービスが使用することができます。

窓口やATM使用時と比較してマイゲートの場合の手数料はお得になっています。
りそなグループ本支店への入金は無料で出来ます。

マイゲートはデータの送信・受信時に暗号化を行い、ワンタイムパスワードやウィルス対策等も施し、顧客情報の漏洩や不正使用を防いでセキュリティ面でのガードがしっかりしていて安心して利用できます。
万が一それらで損を被った場合、無料の保険により最大300万円の保障があります。

 

スポンサーリンク

りそな銀行インターネット支店専用アプリ

りそな銀行 インターネット支店専用アプリ

こちらのアプリを使って口座を開設すると、新しい口座を開くことになります。
既存の口座をオンラインバンキングにするわけではないので、勘違いしないように。

りそな銀行の店舗の所在地など

りそなグループの店舗は26都道府県にあります。

店舗数は下記の通りで、関東地方、関西地方を中心に展開されています。

国内合計1474店舗(その内有人店舗が623店舗、無人店舗が851店舗)
海外ネットワークとして駐在員事務所4箇所、インドネシアに現地法人2社をもっています。

「北海道・東北地方」
りそな銀行 3店舗

「甲信越地方」
りそな銀行 5店舗

「関東地方」
りそな銀行 395店舗
埼玉りそな銀行 425店舗
近畿大阪銀行 1店舗
りそな信託銀行 1店舗

「中部・東海地方」
りそな銀行 25店舗
近畿大阪銀行 1店舗
りそな信託銀行 1店舗

「関西地方」
りそな銀行 443店舗
近畿大阪銀行 162店舗
りそな信託銀行 1店舗

「中国・四国地方」
りそな銀行 2店舗

「九州地方」
りそな銀行 8店舗
りそな信託銀行 1店舗

りそな銀行の公式サイトはこちら

りそな銀行の店舗一覧はこちら

 

りそな銀行も都市銀行として全国展開で海外にも法人があるということで安心して利用できる銀行として利用する人も多いです。

自分の生活のなかで、いまは地域とか関係なく、ネットで銀行の取引ができるので手数料などお得を調べて活用していく時代ですね。

 

この情報がお役にたてたら幸いです。

 

 

お買い物などは楽天カードをおすすめしています。

カードの引き落としはりそな銀行が便利です。

 

 

楽天カード

おすすめの本も紹介しています、よろしければご覧ください。

紹介本
行っていみたい国、街はありますか? 日本を離れて、住んでみたい国はありますか? 限られた日数に観光スポットや定番グルメを詰め込んだツアーの対極にあるのが、「暮らすように旅する」スタイルということですが、日常の生活...
タイトルとURLをコピーしました