京都市営バス、時刻表、路線図がわかりやすいしらべかたで移動ロスをなくしましょう。

スポンサーリンク
交通
スポンサーリンク
スポンサーリンク

京都市内を移動するにはにとっても便利な京都市営バスですが路線図のわかりやすいサイトで、しっかり確認して行動すると移動がスムーズで、時間のロスがなくなりますよね。

運賃、一日乗車券、地図情報について

 

移動に欠かせない、京都市営バス、路線図また、地図もたいせつですね、調べ方を紹介します。

 

観光客も多い、歴史的にも古い京の都は寺社仏閣みどころいっぱい。

春の桜のシーズン、秋の紅葉のシーズンが一番混みますが、最近はあまり季節を問わず観光客が多くなってきました。

 

京都観光の地図のしらべかた

 

京都が碁盤の目になっているのでわかりやすいということですが、初めての人ななかなかわかりずらいところです。

 

みどころ、歩き方、交通状況などの情報は必要ですね。

 

京都観光、地図、交通など調べるにはこちらのサイトがおすすめです。

 

観光マップ|【京都市公式】京都観光Navi
京都の地図、京歩きマップのダウンロードページです。滞在時にあると便利な観光マップ、魅力的な旅にしてくれる観光ガイドや人力車について紹介します。旅のプランをたてるとき、京都に到着してからも。あなたの旅のスタイルに合わせて、活用してください。

金閣寺・北野エリア

銀閣寺・岡崎エリア

清水寺・祇園エリア

河原町・烏丸エリア

嵐山エリア

など見たいところを観光する時、地図情報、観光名所情報などを詳細にしらべることができます。

京都 観光の穴場、雨の場合、子供といっしょなら、車での観光、嵐山、夏の観光、のおすすめ、ランキングなど、観光バス、観光のバスの案内はどこで?

京都の観光のお勧めの月は?そしてイベントなどは?5月、6月、8月、9月、
京都 観光マップ、地図をてにいれるには?

観光マップ|【京都市公式】京都観光Navi
京都の地図、京歩きマップのダウンロードページです。滞在時にあると便利な観光マップ、魅力的な旅にしてくれる観光ガイドや人力車について紹介します。旅のプランをたてるとき、京都に到着してからも。あなたの旅のスタイルに合わせて、活用してください。

 

予定をたてるときも便利です。

 

 

スポンサーリンク

京都市営バス、時刻表、運賃、一日乗車券

 

 

京都市バス運賃

 

市バス普通運賃
区分 大人 (12歳以上)
均一区間運賃 路線図 230円
調整区間運賃 運賃表JA 乗車区間により運賃が変わります。
100円循環バス 100円

 

詳細はこちらの京都市バスHPで調べることができます。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

 

 

市バス・京都バス一日乗車券カード

均一運賃区間内の市バスと京都バスが,1日に何回でも乗車できます。
お得な優待特典付き。
発売期間
通年
発売額
大人用 500円
小児用 250円
大人・小児の区分について
1日に230円均一運賃区間内を3回以上乗車される場合はお得です。

 

 

京都観光一日・二日乗車券

市バス・地下鉄全線,京都バス(一部路線を除く)に1日又は連続2日間,何回でも乗車できます。

この乗車券で京都市内のほとんどの観光地に行くことができます。

購入すると優待特典が付いた「京都観光ガイドマップ」がつきます。

 

発売期間
通年
発売額
大人用 小児用
一日乗車券 1,200円 600円
二日乗車券 2,000円 1,000円

 

 

 

京都市バスの路線図、わかりやすいのはこちら

 

京都市営バスのわかりやすい路線図は下記のサイトで調べられます。

株式会社ナビタイムジャパン公式HPです。

京都市交通局の系統/路線一覧は、NAVITIMEの一覧で調べるととても便利です。

 

 

株式会社ナビタイムジャパン公式HP

 

京都の市バスの 乗り方、料金、路全図はとてもわかりやすいです。

また京都は四条河原町が繁華街になていますが、周辺のバス停とか発着の市バス情報もナビタイムでチエックできます。

市バスの時刻表もチエックしてみてくださいね。

 

 

このサイトでは路線図を各バス停での乗り換え可能な路線・地図までわかりやすい表示をしてくれるので京都でバスにのるならとても役にたちます。

 

 

 

 

乗車券の購入・京都観光には、カード払いの利用がたいへんおすすめです。

ポイント率がとてもいいので楽天カードがお得です。

普段のお買い物にもそのポイントが利用できます。

 

楽天カード

 

 

 

<おすすめの本も紹介しています、よろしければご覧ください。>

紹介本
行っていみたい国、街はありますか? 日本を離れて、住んでみたい国はありますか? 限られた日数に観光スポットや定番グルメを詰め込んだツアーの対極にあるのが、「暮らすように旅する」スタイルということですが、日常の生活...

 

タイトルとURLをコピーしました