引っ越し、食器の梱包材のホームセンターで揃えられるもの、ダンボールなど無料で手に入れる情報|梱包素材、荷造りのコツ、詰め方、などを解説

スポンサーリンク
生活
スポンサーリンク
スポンサーリンク

引越し~引っ越しは大変。食器の梱包材はホームセンターで揃えることができます。無料で手に入るものもありますよね。100均のダイソーでも結構利用価値ありますよね。

衣類などと違って割れるものなので、神経つかいますよね。特にお気に入りの食器など割れてしまったら悲しい。

今回は引越し、食器の梱包材の種類、梱包のやり方、コツのポイントを紹介します。

 

スポンサーリンク

引越しの際の食器の梱包材、ホームセンターで揃えられます。どんなものを用意すればいい?必要なものリスト。

必要なもの

●段ボール
●緩衝材:
プチプチ、緩衝シート、エアーバック、
新聞紙(紙)
●ガムテープ

これらはすべてホームセンターで揃えることができます。

 

ホームセンターが近くになくてもオンライン通販で探すことができます。

引っ越し、食器の梱包材はホームセンターの通販がオススメ!

【楽天市場】ホームセンター特集|暮らしをラクラク!便利に!
ホームセンター特集 最大600円OFFクーポン配布中!暮らしをもっと便利に快適にしてくれるアイテムがずらりのホームセンターを大特集。季節のアイテムやテーマを先取るトレンドアイテムをはじめ、収納グッズやキッチン道具、DIYに欠かせない電気ドライバー、ペット用品、物置などホームセンターの人気アイテムが大集結。

 

引っ越しに必要な食器の梱包材、ダンボールをホームセンターで無料で手に入れる

引越しで一番必要なものは段ボールですよね。

もちろん買うのもは簡単ですが、できるなら無料で入手できるならそうしたいですよね。

ホームセンターでは無料で入手できるところもあります。

ホームセンターのリユース(再利用)段ボール。
筆者の近くのコーナンでは外に段ボール回収場所があります。
そこでサイズやきれい目のダンボールがてに入る可能性があります。

引越しが終わっていらなくなったら処分するにも便利ですね。

すべてのコーナンやその他のホームセンターで可能とはかぎりません。

ホームセンターはそこでダンボールも販売しているので無料でもらえないところもあるようです。確認してみてください。

 

引越し食器のダンボール、ホームセンター以外で無料でもらえるところは?

ご自由にと張り紙がはったダンボールコーナーのあるところもあります。

ダンボールを無料でもらえるところは結構あるのですが、ダンボールの使用状況や保管方法によっては、におい・汚れ・害虫が付いていることもあるのでよくみてきれいなものを選ぶことが大切。

もらうためには、ちょっと気をつけて、お店の時間帯によって忙しいときは避けましょう。余裕がある時間帯にもらえる確率が大きいです。

 

下記の店舗でもらえる確率が大です。一度トライしてみてください。

家電量販店
ドラッグストア
スーパー
コンビニ
●ドン・キホーテ
●ニトリ

 

ホームセンターその他で購入の場合の、引越しの食器の梱包、ダンボール箱のサイズは?

無料で手に入れる方法もありますが、なかなかサイズをそろえるのは難しいですよね。

 

引越しの食器の梱包材、100均などで買える段ボールのサイズについて。
大きい段ボールだといっぱい入って個数を減らせそうですが、適度のサイズものを使用することをおススメします。

重すぎて運ぶときに無理にならないようなサイズ。

運ぶ強者さんにも快適に運んでいただきましょう。

運び方はヒザを緩めて腰に重心を置いて運びましょう。

再度に穴が開いている方が運ぶのが楽です。

オススメサイズ:

引越し用 宅配100サイズ Sサイズ 宅配100サイズ
(外形3辺合計:100cm以下)

重いもの: 食器・書籍など 100サイズ

 

 

購入は

>>100均、ダイソーなど

>>ホームセンター

>>オンライン(ネットショップ)アマゾンなど

 

食器の包み方、荷造り段ボールに入れ方、詰め方、コツなど

食器は必ず、一つ一つしっかりと包むことが大切。面倒だからと数枚まとめて包むとき重ねるのNG。割れる可能性大です。大切な食器だから~

緩衝材の枚数:一重で大丈夫なものと、多重で保護するのがいいかは素材によって、包みながら対応しましょう。

段ボールの底にも緩衝材を入れておくことを忘れずに。

平らなお皿は縦に入れる。上からの圧力に弱いため立てた状態で段ボール箱にいれます。

深皿、丼、小鉢も1枚ずつ包みます。これらは横のままの状態で段ボールに入れます。

●食器梱包で、特に注意が必要なのはガラスコップ。段ボール箱に詰めるときはガラスコップは下向きにする。安定感が増して揺れに強くなって、割れにくくなります。

●食器を梱包して段ボール箱に詰めると、必ず隙間ができます。エアーバック、やプチプチなどの緩衝材を隙間に詰めて揺れを防ぐことが大切です。

●緩衝材で包んだ食器を箱に詰めるときは、きっちりギュウギュウに詰めてしまわないことです。隙間をある程度保って、そこに緩衝材を入れると保護になります。

割れ物注意の表示をする(張り紙、赤いマジックインクなどを使って)

 

 

 

 

引越し、食器の梱包に必要な緩衝材

プチプチ

プチプチは包む、緩衝材として必需品ですね。

 

購入は

>>100均、ダイソー、セリアなど

>>ホームセンター

>>オンライン(ネットショップ)アマゾンなど

食器の梱包材、緩衝シート

購入は

>>100均、ダイソー、セリアなど

>>ホームセンター

>>オンライン(ネットショップ)アマゾンなど

 

 

食器の梱包材、エアーバック

 

エアーバックはアマゾンなどで買い物したとき箱に詰められてくるのがあります。

何かに使うかな?と取っておいてもいざとなったらないみたいなことでした。

 

購入はホームセンターでそろいますが、

>>100均、ダイソー、セリアなど

>>オンライン(ネットショップ)アマゾンなど

 

食器の梱包材ダイソーなどで新聞紙をもらう? 買う?

食器を包む紙として昔から使われています、今時は新聞紙がない家が多いですよね。

ダイゾーなどには新聞紙や広告の紙が割れ物を買ったときに包む紙としておいてありますね。

もらうという手もありですね。
会社などの資源ごみを出すときにもらってくるとか、近くに新聞販売店があればそこでお願いしてみるとか。

スーパーなどで買い物後の品物の緩衝シートとして置いてあるところもあります。

探している時間とか、いろいろ気を使いながら新聞紙を求めるというのもちょっとという場合は

売ってます~

アマゾン

👇

 

新聞紙の代わりに食器の梱包材としてタオルやハンカチ、シーツなどの布地をつかうアイディアは?キッチンペーパーは?

タオルやハンカチが余っているとそれを使う、シーツの使ってないの、新しかったり、洗濯してもうつかわないのがあったりでシーツを使うという人もありますね。

それはそれでいいのですが、引っ越しってやることがいっぱいありますよね、布を咲いたり、タオルを分類したり結構時間がかかります。

引越しの食器の梱包材は100均でも買えるのでそこは時間や手間の節約をして心理的にも大変な時なので無理に自分でできる事などと考えないようにしたほうが気持ちも作業も楽に進むというのが体験した者の考えです。

使い方としては段ボールの底に敷くのに使うのがオススメ

 

キッチンペーパーを食器の梱包材として使うのもありですね。

これは100均で買えるし、安価な気もしますが、結構要るのでコスバを考えるとアマゾンで買った新聞紙が良かったかな、と思います。

参考に!

 

>>100均、ダイソー、セリアなど

>>ホームセンター

>>オンライン(ネットショップ)アマゾンなど

で購入できます。

100均では小さめのものしかありませんが、食器に関しては小さめのものが便利です。

ロールや大きいものを買うのが経済的という考え方もありますが、結局小さく切って使うことが多いので、一律同じ形の大きさの緩衝材は切る手間を省けてそれはそれでメリットになります。

100均の安さも魅力ですね。

引越しの時は他にも使いたいし緩衝材は必要なので大量に欲しいという場合は、ホームセンターやアマゾンなどのオンライン(ネットショップ)で購入することができます。

 

ちなみにアマゾンも小さくカットされたものも販売されています。

 

 

食器の梱包に必要なもの、ガムテープ:使い方(強度が増す貼り方)、購入は?

ガムテープの貼り方

<底>

段ボールの底は十字貼りがオススメ

十字は箱の真ん中でクロスするよう貼る

H貼りは強度が高い止め方です。ダンボールの底フタの長辺が重なる部分と左右にガムテープを貼ります。

米字貼りやキの字貼りはさらに耐久性を高めたいときに。本や家電など重い物を詰めるダンボールは、補強のためにガムテープの貼り方に工夫しましょう。

<上部>

一字貼りか十字貼りで大丈夫です。

コチラのポイントは開けるときの作業を考えて貼り方を選んでください。

引越し食器梱包座として使うガムテープの種類

引っ越しでダンボールを組み立てるときのガムテープの種類を選ぶこと。

頑丈なガムテープを使用することで、底面に必要な強度を維持しやすくなり安心して荷造りできます。

クラフトテープ
クラフトテープは紙製のテープのことで、ダンボールとの相性がよくて値段も比較的安価なので、大量にガムテープを使用で費用を抑えたいときにおすすめします。

 


布粘着テープ
布粘着テープ(布テープ)は、布製のテープのことで、クラフトテープよりも粘着力が強いのが特徴です。引っ越しの時、家具や家電の部品が動かないよう固定するときに使います。ダンボールの組み立てもつかえます。クラフトテープと比べてやや値段が高めです。

養生テープ
養生テープは、主にポリエチレン繊維でできた、粘着力が弱いテープで、引っ越しでは、家具や家電を布で包んだ後、解けないように養生テープを貼って固定することがあります。粘着力が弱いため、ダンボールでの梱包には向きません。クラフトテープや布粘着テープを使う用にしましょう。

カラーガムテープ(ビニールテープ)

100均などでビニールのカラフルなガムテープがあります。

用途によって色で分ける使い方、危険とか食器梱包のダンボールに赤いテープを張って割れ物注意と黒いマジックペンで表記しておくと安心ですね。

 

ガムテープの購入は

>>100均、ダイソー、セリアなど

>>ホームセンター

>>オンライン(ネットショップ)アマゾンなど

 

で購入できます。

 

引越しの食器を自分で梱包するのもありだけど、引越し業社のサービスを利用するのもオススメ

引越しの食器は自分で梱包するべきものと思っている人も多いかもですが引越し業者に依頼するという手もありです。

プロですから。

いろいろなプランがありますね。

全部やってもらうのではなく、自分でやるなら緩衝材が無料とかもあります。

 

引越し業者から食器専用、新聞紙や緩衝材で包まなくても安心・安全に食器を運べる専用の箱を借りるサービスもあります。

 

アート引っ越しセンター

サカイヒッコシセンター

ヤマト

日通

見積もりを取って検討してみるのがオススメです。

引越しの食器の梱包材を100均、ホームセンターで購入、梱包、荷造りのコツのまとめ

引越しはとてもエネルギーをつかいます。

必要な緩衝材の種類とか、購入場所などをまとめてみました。

3Kg痩せたという友人もいます。(あと戻ったので一時的なダイエットにしかならなかったわ~(笑)とのこと)

そんな時、あれこれ悩みます。

引越し 食器 梱包材 100均などで購入して、自分で梱包するのもありだけどアート、ヤマト、日通、サカイなどのサービスも利用してみるのもいいと思います。

参考になれば幸いです。

生活
スポンサーリンク
これとくだネ