スポンサーリンク

コンビニ24時間営業見直しへ、ファミマも実証実験で対象店舗を拡大はどうなるか!?

コンビニ24時間営業見直|セブンイレブンに続いてファミマも実証実験

24時間営業見直しへ、ファミマも実証実験 対象店舗を拡大というニュースについて

当面は試行錯誤で24H営業店舗の存在意義が明らかになってくるということでしょうか!?

確かに現状の営業と販売方式は効率が悪い業態になっていると言われて業績悪化が表面化していきているようです。

ファミリーマートは6月、24時間営業の見直しを視野に入れ、営業時間を短縮した店舗の運営を試行する。地域や曜日を限り、およそ270のフランチャイズチェーン(FC)店を対象に営業時間を短縮する試みへの参加を募る。数十店が試行する見通し。コンビニエンスストア業界は人手不足や人件費の上昇を背景に事業モデルの根本的な見直しが急務となっている。

日本経済新聞
ファミマ、24時間営業見直し試行へ

スポンサーリンク

コンビニの24時間営業の是非

夜は寝るのが基本とつい、我々のような普通の生活をしてる人は思ってしまいます。
これからの日本の社会はそうなってほしいと。
家族といる時間を大切にしたりする時間もふやしてほしいと思ってしまうのです。
特定の業種は仕方ないけど、日本の政策で24時間営業をやめるという改革があってもいいのかもしれない。

ちょっと極端かもしれませんが、これからそんな考えが広がっていってほしいと思っています。

今はどうかわかりませんが、以前コンビニにむらがっていた若者をみて、早く家に帰ってねなんて思っていました。

色々なやり方もあるとおもいます。

エリアで24時間営業をするところとか、必要ないところとかをを分けるという経営の在り方も必要ではないのでしょうか?

本当に24時間空いてる必要があると考えている人はどれだけいるのか?
また24時間のうち、来店客が本当に夜中の2時3時にあるのかどうか?

そんなことも調べる実験だとも思うので、この取り組みはいいとおもいます。

コンビニの24時間営業なぜ見直しが必要になたのか?

セブンの一件を受けて監督官庁まで動き出し、対応を見せなければならなくなったという説もありますね。

他に先駆けて「実験」だけは始めていたものの「実験中」で何年も保留にすることが難しくなってきた?

実際、人件費高騰で、夜中にアルバイトをやとって店を開けていることで、苦しくなて来ているフランチャジーも多くなってきているとの見方もありですね。

売上減でも利益はアップ、セブン東大阪の時短店PLを読み解くと・・・

時短営業して店舗の利益が上がったという損益を解説した記事も興味深いですね。

高騰する人件費や、廃棄食品ロスはすべてフランチャジーがふたんとなっているフランチャイズ契約のなかで、利益をどうだすかは生き残りのための最重要ポイント。

時短にして、利益が出たというなら、それをみて実際の所コストに見合わない深夜営業を辞めたい店舗が多くある事ではないかと。

24時間空いてるコンビニのアプリがあると便利?

コンビニ依存症の人っていますよね。

食料(おにぎり、お弁当、サンドイッチ、スナック…)すべてコンビニで調達という若い世代の人たち。

そして、そんなもん家で作れとか、スーバーの方が断然、種類も多いし割安感あるしお得という人種。

世代や、暮らし方でコンビニの利用方法はちがうのでしょう。

ただ地震があったとき思ったのですが、コンビニの在庫ってすぐになくなるんだなということ。

おにぎりも、お茶もがらがら。

災害の時はコンビニは助けになると思ってる人がいるかもしれませんが、それはあまりあてにならないなとその時思いました。

先に気が付いて、買い物に行った人が恩恵を受けるだけ。
後で行くと、棚はガラガラ。

24時間コンビニを探すアプリがほしいという人もいるのは、本当に必要なものが今すぐほしいという時のためですよね。

将来は、どうなるのかわかりませんが、全面24時間なしになるのか、一部は24時間営業になるのか、そうなったときにはアプリは役立つかもですね。

まとめ

今後、コンビね24時間営業の問題はいろいろ議論されることでしょう。

本部の立場、

加盟店の立場

利用客の立場

それぞれによって持っている意見も違ってくるでしょう。

あなたは24時間オーブン希望?

それとも

そんなに必要ないよと思っているタイプ?

日本の買い物(ショッピング)の在り方もまた変化していく時期でもあると思っています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする